ごり押しでナイト

自称音楽家(SETUZITU)ワタクシ清野の活動情報や雑談,その他諸々晒していくぞのコーナー♪♪♪
皆様,何卒よろしくお願いいたしもぉす!!!
雨降の楯という創作グループ立ち上げました。 僕のお話「Synchronized」がオーディオドラマとなりました! こちらから是非ご覧下さい→http://ametate.cranky.jp

膝を抱えて顔を俯けて
光の届かない 場所を探した
耳を塞ぎたくて手が足りなくて
息がつまるよ 面倒くさいな あぁ

知らないフリして独りを選んだ
霞んで見えない 眼鏡がないから
生きたくなくて自分を傷付けた
こんなんじゃ消えない 君の痛みは

ひとりぼっちじゃ生きていけないよ
そんな事解っているけれど
濁って淀んで穢れた僕じゃ
君を侵してしまうから

足りない 足りない 求めてしまうよ
黒く 黒く 染まるだけなのに
お願い 止めて 優しくしないで
これ以上惨めにさせないで

愛してしまうよ

君が照らしてしまうから
醜い僕は晒されてしまう
濁って淀んだこの黒を
受け入れて何て言わないから
僕の光にならないで

身体中が痛いんだ

欲しい 欲しい 君の様に僕も
白く 白く生きていたかった
お願い 触れないで 汚れてしまうよ
そんな君を見たくない筈なのに

もっと…… 愛して欲しいよ
君を黒く汚したとしても
濁って淀んで汚れた僕は
君と一つになりたいから

愛してしまった





綺麗事を壁にして 開いた眼は空を仰ぐ
やっぱり嘘だったじゃないか ここには誰もいない

雨で全部なくならないか
そんなことばかり考えている
無かったことにならないか
タイムマシーンを誰か作って

また、逃げ出そうとしてる

優しさの裏側を見付けたくて
手探り絡まる 空回る空想の跳梁跋扈
正しさに真実を結わい付けたくて
壊れていく理想像 脆弱なレプリカ
恐ろしくて 

誰かに自分を重ねて 弱さを偽って否定して
差し伸べられた手の数だけ 誰かを傷つけた

変わってしまったものはもう取り戻せないよ
妬んで嫉んで 羨望嫉視、可能性という選択肢
失ってしまったら気付かないといけないんだよ
貴方ともう生きられないよ

優しさの裏側を見付けたくて
手探り絡まる 空回る空想の跳梁跋扈
誰かを理解しようとする度に
傷付けてしまうのが 恐ろしくて
にげまわる

届け 届けと 内側にだけ響く思いを
叫べ 叫べば 声は枯れていく 朽ちていく
動け 動けと 震える身体はこの身を守り
怖い 怖いよ 貴方の声だけがこの胸を傷付ける




「何を探しているの」

暗闇に声が滲む。その声はとても冷たく感じた。
ボクは何も見えないまま、手探りで地べたを這いつくばっている。

「わからない。教えてよ。」

闇に奪われた視覚は、何も映し出すことはない。かわりに他の感覚が研ぎ澄まされ、肌がひりひりと痛い。突き刺す様な冷たさが体に広がっていく。さて、いよいよここがどこだかわからない。ボクは何故ここにいるのだろうか。

「欲しいものはなに?」

逡巡する。欲しいもの。それは酷く曖昧で雑多で、そして抽象的な言葉だった。目に見えて形として残るものも欲しいものになるし、もっと抽象的な他者に認められたり或いは地位を得ることも欲しいものに区分されるだろう。やはり簡単に答えは選べなかった。

「ない、です。」

小さく答えた。直ぐに声は返ってくる。

「そ。君はやっぱり嘘つきだね。」

「え」

思わず声が出た。投げ付けられた言葉には、鋭利な刺があった。或いはボクがただ単にそう感じてしまっただけなのかもしれないが。
嘘をついたつもりはない。言うならば、選択を見送っただけ。それがボクという人間の解答。
だというのに、声はそれを真っ向から否定した。

「そうやって口先だけで生きてきたんでしょう。どちらかを選ばなければならない時も濁して濁してドブ水みたいにして、選択を悟られないように生きてきたのでしょう。仕方がないよね。だって、そうしなければーーー。」

声はそこで途切れた。
触れてはいけない。感覚が更に研ぎ澄まされて、呼吸する自分の息遣いさえも煩わしい。そしてボクは、何も見えないまま再び声を発した。

「それは、随分と偏った見方だね。まるでみてきたかのように。ねぇ、アナタは神様でしょうか?もしもそうならば、ボクをもといた場所に返してください。ここは、酷く寒いし、痛い。」

懇願する。声は答えない。
そしてボクは、もといた場所等わからないのに、その場所を求めた。
そうすれば、「欠落」した自己を取り戻せると考えたからだ。話す声は、心臓を圧迫し、ギリギリとボクを苦しめる。あぁ、痛い。痛い。痛い。

「……本当に、言っているの。愚かだね。でも、それは出来ない。決まりだから。」

音がなくなった。それでも、声が聞こえる。
耳の奥が焼けるように熱い。痛い。だが声はでなかった。出ないようにした。声をあげれば痛みが更に増す。そうなってしまっては、いけない。耐えられない。堪えられない。けれど、不可思議なことに、ボクは、まだ、何かを、言おうとした。言った。言い放った。

「ボクは、間違った事などないよ。」

「本当に?」

「ボクは、常に間違っていなかった。」

「本当に、心から、そう思っているの。」

「ボ、クは、まち、間違った事などない、、よ。」

「…」

「ボクば、まぢkがtらsことなdl」



ーーーーーーーーーー



「何を、探しているの」

暗闇に声が滲む。その声はとても冷たく感じた。
ボクは何も見えないまま、手探りで地べたを這いつくばっている。




美しい旋律が聞こえる。はじめは弱々しく、だが私の意識が覚醒すると共に、旋律ははっきりと明確な意志をもって私の耳に届いた。穏やかな、そうとても穏やかな。新緑の中で木々のざわめきを感じている感覚の中、ただどれだけ待っても小鳥の囀りは聞こえない。川の流れを感じたかったが、それも未だ訪れなかった。

暫くして、霞む視界が晴れることはなかった。ゆっくりと目を開け、理解する。新緑も小鳥の囀りも、川の流れ等とは決して無縁な、無骨なコンクリートの上で、私は寝転んでいた。じんわりと感覚を麻痺させる、腹部から届く鈍痛が重い。重たい。体が動かない。ただ、旋律が聞こえる。耳殻を細かく振動させて。
不意に唐突に突然に、鋭い痛みが体を突き抜けて、呻き声が出た。

「…まだ、生きていたのか。」

声がした。男の声。途端旋律が止む。目線を動かして、声の主を探った。旋律が聞きたかったのだ。

(どこ。どこにいるの。)

声に出せたかどうかは分からない。少なくとも、腹部が激しく軋んで口から液体が出たことだけは確かだ。

「動かない方がいい。どうせもうすぐ死ぬとはいえ、痛みにもがき苦しむよりは安らかに四肢の感覚を失って無力感の中眠るように死ぬ方が、幾らか楽だろう。」

男の声は聞こえる。目は開いているのだろうか。よく見えない。遠くが赤く光って、ごうごうと音がするから、きっと近くで火事が起きているのだろう。私はただ、男の声を求めた。痛みも苦しみも、あの旋律が聞こえたのなら全てなくなる気がしたから。

(しんでもいい、しんでもいいから、聞かせてよ)

どうしてそんなにもそれがほしいのか、自分でもわからない。よく考えれば、私は自分がどうしてここでこうなっているのかも、私が誰なのかさえ、わからなかった。思考が、私に残された最後の選択なのかもしれない。

「…なぁ、俺は結局、何も変われなかったよ。」

男の声に、後悔は含まれていなかった。その言葉には何か、特別な意味があったのかもしれないが自身の名さえ思い出せない脆弱な記憶と思考では、到底汲み取ることなど出来はしなかった。

「う、たって…」

それが、私に出来る。唯一のーーー。





旋律が聞こえる。初めは弱々しく、次第に震え、とうとう音程を失ったが、それは確かに旋律だった。旋律なのだ。




-rhapsody-

(それは、音で感じるだけではあまりに尊い)





痛いのは嫌いだから 孤独と仲良しなのさ
君の手を握るのは 夢の中だけでいい

欲しいのは我慢すれば 誰も傷付かないのさ
誰の邪魔もしないから 僕に優しくしないで

暖かいことを知ってしまったから
僕はこんなに弱くなった
失う怖さに溺れていたから
君の手なんか触れられないんだ

君が身体中に響いていく
心臓がうるさいなぁ
君の声が聞きたくなって
もう眠れないよ
どうしてくれるのさ
君が身体中に響いていく
明日は会えるかなぁ
君の事もっと知りたくなって
もう止まらないよ
おかしくなったのさ

寒いのは嫌いだから ベッドで丸くなるのさ
君の隣を歩くのは 夢の中だけでいい

我儘はいけないから 知らないふりをするのさ
迷惑なんてかけないから 僕を嫌いにならないで

柔らかいことを知ってしまったから
僕はこんなに君を守りたい
変わってしまうのがいけないなんて
勝手に思い込んでただけなんだ

君が身体中に響いていく
僕を光に変えていく
君の笑顔が見たくなって
もう眠れないよ
どうしてくれるのさ
君が身体中に響いていく
明日は話せるかな
君の事もっと知りたくなって
もうどうしようもないよ
おかしくなったのさ

君だって怖がりだったんだ
僕はこんなに君の傍にいたい
一人が寂しいなんて思ってたのは
僕だけじゃなかったんだ

君が身体中に響いていく
その涙を拭いたいんだ
君が頭から離れなくて
もう眠れないよ
どうしてくれるのさ
君が身体中に響いていく
傍にいてもいいのかなぁ
君の事もっと好きになって
もうどうしようもないよ
おかしくなったのさ

もうとまらないよ
どうしてくれるのさ

このページのトップヘ